スーツケースの中にこっそり…黒猫「ババ」の1600キロの旅

飼い猫が旅行用スーツケースに紛れ込み、約1600キロ離れたフロリダ州オーランドのディズニーワールドまで飼い主と一緒にする珍事があった。 
 
この好奇心いっぱいの猫は生後14カ月の黒猫「ババ」
 旅猫
 
 
 
飼い主は、米オハイオ州に住むエサル・メイズさん。
自宅のあるオハイオ州からフロリダ州オーランドにあるディズニーワールドまで旅行にきたメイズさん。ホテルに到着し、スーツケースを開けて目を見張った。

なんとそこには飼い猫ババの姿が!!

ババは誰も見ていないところでスーツケースの中に潜り込み、荷物詰めを手伝った友人が、気付かないままふたを閉めてしまったらしい。この友人は、何かが動いたように見えたものの、目の錯覚だと思ってそのままにしてしまったという。

ババを入れたまま、スーツケースは空港の検査を通過。そして、ほかの荷物と一緒に旅客機に積み込まれてオーランドに到着したのであった。

その距離約1600キロ!!

発見した時は一瞬、もうだめかと思ったというメイズさんだが、すぐに元気を取り戻して甘え始めたババに、「生きていてくれて本当に良かった」と目を細める。

無事飼い主と再会したババ。さぞかし心細かっただろう。
ババにとっては思いがけない休暇となってしまった。

ちなみに…
帰りはメイズさんが65ドルで購入したキャリーに入れてもらえることになったようだ。

「スーツケースを閉めるときにはもう一度ちゃんと確認して欲しいニャン♪」

ソース元:http://www.cnn.co.jp/fringe/35021869.html?ref=yj

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です