「柳条湖事件」の18日に反日デモ拡大とハッカー攻撃か!?

柳条湖事件 反日デモ

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000001-fsi-bus_all

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する大規模な反日デモが15日に続き、16日も中国各都市に広がり、日本企業は警戒感を強めている。襲撃を受けた日系の小売店が相次ぎ臨時休業したほか、パナソニックは出火した工場を休止するなど対応に追われた。今後、日本企業がとくに警戒するのが、満州事変の発端となった柳条湖事件の発生日にあたる18日。反日デモが拡大すれば、日本企業は中国戦略の見直しを迫られる。

15日のサンフランシスコに続き、16日には、ニューヨーク中心部の日本総領事館前で行わてましたよね!?満州事変につながった柳条湖事件から81年の18日に向け、中国系団体が呼び掛けた活動の一環で、1,000人以上も参加したようです。中国本国ほど過激ではなかったようですが・・・。あすの18日は激しくなりそうです。

スポンサーリンク

中国進出 日本企業は大丈夫か!?

 
 中国進出企業は、数多くあり少し調べただけでも、アサヒ、キリン、サントリー、ヤクルト、味の素、キッコーマン、日清食品、ハウス食品、クロネコヤマト。外食産業系では、サイゼリヤ、オールデイズ(デニーズ)、カレーハウスCoCo壱番屋、吉野家、松屋、和民など日本でもよく知られている企業が数多く進出しています。

これまで日本企業は巨大マーケットに商品を販売する「消費」と、労働力・製造コストの安い「生産」の2つの面から中国を重視してきた。だが、今回の反日デモで中国でも進出するリスクが明らかになったので、東南アジアなどに拠点を移す動きがますます加速する可能性もある。

中国ハッカー、柳条湖事件の日 18日に「日本攻撃を」

「(尖閣諸島の)国有化は我が国への宣戦布告だ」――。中国最大規模のハッカー集団「中国紅客連盟」は13日、サイト上で攻撃を予告。標的として日本の中央省庁や金融、電力、報道機関など100団体以上のサイトアドレスを掲げた。別の中国の掲示板では、防衛省のサイトを指定し、大量のデータを送り付けて機能をマヒさせる「DDoS攻撃」が行えるプログラムを用意。

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120915-OYT1T00266.htm

 韓国のようにF5連打レベルではないようです。中国紅客連盟は、ツェリン・オーセルへのアタックなどがあり、ここ最近では、同組織が攻撃したかまだ疑惑段階だけど、9月16日夜から17日の未明まで、警察庁のサイトが全く繋がらなかったり、違うページへの切替が遅くなったりしたことが続いたらしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です