秋葉原無差別殺傷事件 2審の判決は…

 平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突入して3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺し、10人にけがを負わせた「秋葉原無差別殺傷事件」

 12日、元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(29)の控訴審判決公判が東京高裁で開かれた。

 この事件で加藤被告は殺人罪などに問われ、1審東京地裁で死刑とされている。
 
katou

 「何らかの精神障害で心神喪失か耗弱(こうじゃく)だった疑いがある」と弁護側は主張。その理由として、犯行状況の記憶に欠落があることなどをあげた。
 
 1審と同様、責任能力が主な争点となった。

判決は、1審が動機と認定したインターネット掲示板での嫌がらせは、加藤被告にとって「とてつもなく大きな体験だった」と指摘。加藤被告の当時の主観に照らせば、こうした動機は「病的な過程を介在させなくとも十分了解可能」として、1審と同様、完全責任能力を認定した。 その上で「計画的な犯行で、態様は極めて悪質。動機は身勝手極まりなく、同情すべき点がない」と犯行を断じた。

 「犯行当時、完全責任能力を有していた」として、飯田喜信裁判長は1審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却、2審も死刑の判決が下された。

「事件の遠因という以上の評価をすることはできない」と、母親の不適切な養育が与えた影響についても言及し「死刑を避けるべき特段の事情を見いだすことはできない」と結論づけた。

 控訴審の公判に加藤被告は一度も出廷することはなかった。
  
 

ソース元:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120912/trl12091213330009-n1.htm

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です