内柴正人被告(34) 初公判で無罪を主張

 12日、東京地裁(鬼沢友直裁判長)の初公判で「性的関係を持ったのは事実だが、合意の上だった」と起訴内容を否認、無罪を主張した。
 
 内柴被告は昨年9月20日未明、合宿先であった東京都八王子市のホテルにて、酒に酔って熟睡していた10代の女子部員に性的暴行をしたとして、準強姦(ごうかん)罪に問われている。
 
 utisiba
 
 
 ※準強姦罪は、判断能力がなかったり抵抗できない状態の女性に性的暴行をした場合に適用され、強姦罪と同じ3年以上の懲役。

検察側冒頭陳述によると、被告は部員ら数人と焼き肉店などで飲酒後、酔った部員を背負って部屋まで送った。ベッドで眠っていた部員が下半身に異変を感じて目を覚ますと、被告が覆いかぶさっており、「何をしているんですか。やめて」と声を出すと、テレビの音量を上げるなどしたという。一方、弁護側も冒頭陳述を行い、「部員がしがみついてきて離れなかった」などと反論した。

 柔道男子66キロ級で、アテネ・北京両五輪で金メダルを獲った内柴正人被告(34)
 
 10年に九州看護福祉大(熊本県玉名市)でコーチとなり、客員教授も務めたが、昨年11月に懲戒解雇された。
 
 白いポロシャツ姿でがっしりとした被告は、用意した書面を淡々と読み上げた。「合意の上でも社会的に許されることではなく関係者にご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪する一方、「被害者は間違いなく起きていた」と主張。
 
 閉廷後には弁護団を通じのコメントをだした。 「名誉のために最後まで闘い抜く」

 公判は12月に結審する見通し。
 
ソース元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000028-mai-soci

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です