【動画あり】「眼球」の落し物!?

米フロリダ州南東部にある海岸でとあるものが発見された。
それは、青色を帯びたソフトボール大の巨大な「眼球」だ。

blue eys

この眼球を見付けたのは今月10日、ポンパーノ海岸を毎日散歩しているジーノ・コバッチさん。

ギリシャから訪れた友人と共に海岸を歩いていた際、砂の中から飛び出している物に気付いた。
コバッチさんは拾い上げて、砂を払い、逆さまなどにして調べていると巨大な眼球であることを知り、その後正体を探るため警察やフロリダ州内の研究者に接触。
しかし、謎は解けずに眼球は最終的に魚類・野生生物保存委員会に預けられることとなった。

現在、同州の魚類・野生生物保存委員会などがこの眼球を持っていた生物の特定を進めている。
現段階として、巨大な魚が有力候補としてあがっている。
同委の報道担当者によると、最終的な結論が近く出る可能性があるとのことだ。

ソース:http://www.cnn.co.jp/fringe/35023035.html?tag=rcol;editorSelect

それにしても大きな「眼球」だ。
いったい誰が落としたのであろうか?

スポンサーリンク

巨大な青い目玉の正体発覚か!?

15日、巨大な青い目玉の正体について米フロリダ州の魚類・野生生物保護委員会は
メカジキの目であると発表した。

専門家の調べにより、大きさや色、構造などからメカジキの目玉と判断。
この季節同州南部沖のフロリダ海峡ではメカジキが頻繁に目撃される。

深海魚などの漁をしていた人がメカジキから切り取って海に捨てたものとみられている。
現在、確認のためのDNA鑑定を行っている。

ソース:http://www.cnn.co.jp/fringe/35023095.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です