今井メロ 自叙伝で壮絶な人生などを初告白

 2006年、トリノ五輪・スノーボードハーフパイプ日本代表として兄でタレントの成田童夢とそろって出場し、空中で横に一回転半、縦に二回転するオリジナル技「メロウ720(メロウ・セブン)」を引っさげて注目を浴びたものの予選落ちした今井メロ
 
 その後の壮絶な人生などを初告白した自叙伝「泣いて、病んで、でも笑って」(双葉社)が21日に発売される。
 
 今井は、2008年に初のイメージDVD『mellow メロウ』を発売。昨年末に開始したブログが人気を集めているが、本の発売をきっかけに芸能界入りしタレントデビューすることが決定している。
 
 自叙伝「泣いて、病んで、でも笑って」では…

師である父との軋轢、五輪後のバッシング報道、引きこもり、リストカット、レイプ、容姿コンプレックスと整形、結婚と2度の離婚、中絶と異常妊娠、心の病、そしてネット上で物議を呼んだ子供を児童施設に預けた疑惑や生活保護受給の問題にも触れている。

 また、当時一部で報じられたデリヘル嬢疑惑についても初めて触れた。当初子供のことを考えて告白する気はなかったというが、「自叙伝を書くにあたって、自分を偽ったらダメじゃないか。恥ずかしいすべての過去をさらけ出さなきゃ、本を書く資格なんてないじゃないか」と決意、「本当のことを言うと、私は、短期間だが、確かにデリヘルで働いていた。それは偽りのない事実だ」と告白した。
 
 19日には都内で自叙伝出版と離婚会見を行う予定だ。さらに、25日にはバラエティー特番「嵐を呼ぶ! あぶない熟女SP2」(TBS)に出演し、自叙伝で告白しているデリヘル嬢だった過去を語るなど、正式に芸能活動を開始する。
 
 今井は、一昨年に1歳年下の男性と結婚。第1子を出産したが、昨年1年足らずで離婚。数カ月後には新たに別の男性と結婚、第2子を出産しているが、今年8月に2度目の離婚をしている。
 
 今回、コンプレックスだった顔の整形をした今井。整形後の顔をセミヌードで正面から撮影した写真が表紙となっている。
 
 
 
 
 ソース元:http://news.livedoor.com/article/detail/6955892/
 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です