インド 希少霊長類「ホソロリス」パンツの中に… もう1匹はごみ箱で発見!

9日、インドの首都ニューデリーにあるインディラ・ガンジー国際空港で、絶滅危惧種に指定されている希少霊長類「ホソロリス」を隠し持っている乗客の男を発見し、連れの2人と共に税関職員に引き渡されるという事件があった。

ホソロリスは夜行性の霊長類で、特徴は大きな目だ。体長は25センチほどでスリランカに生息。インドの法律で絶滅危惧種に指定されている。

ホソロリス画像

治安当局の発表によると、乗客の身体検査をしていた職員が下着パンツの中にホソロリス1匹を隠しているのを発見。さらに別のもう1匹がごみ箱に捨てられているのも見つかった。2匹ともそのあと野生生物当局に保護された。

隠していたのはUAE出身の男で、下着パンツの中にホソロリスを隠してアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ行きの便に搭乗しようとしたところを見つかった。これまでのところ訴追には至っていない。


もぐもぐ食べるスローロリス。


傘を握って離さないスローロリス。

ホソロリスとよく似ているスローロリス。
名前の一部にリスとはいっているが、
リスの仲間ではない。
乱獲などの影響もあり、絶滅の危機に瀕している動物。
2007年ワシントン条約で規制対象となった。

ソース元:http://www.cnn.co.jp/fringe/35021569.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です