剛力彩芽が来年1月スタートの月9「ビブリア古書堂の事件手帖」で初主演!!

20日、来年1月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」
の主演に女優の剛力彩芽(20)が選ばれた。

gouriki ayame


異例のスピード出世だ。

月9主演はもちろん、ゴールデンの連続ドラマ主演は初めての剛力。
昨年から今年の民放連ドラ7クール連続出演を経て、今回月9主演の座へ。

剛力はオスカープロモーションに所属している。
この事務所は、米倉涼子(37)、上戸彩(27)、武井咲(18)ら多くの人気女優が所属。
そのなかで月9主演を務めるのは剛力が初めて!!

「ドッキリかな?と思うくらい」と驚いているという剛力。

剛力コメント
「最初に『月9主演』と聞いた時は、もちろん驚きの方が大きかった。まだ実感がわいていないのも事実」
「とにかく皆さんの期待に応えたい」

「いつか月9ドラマに出る」
中学の卒業式の時に母親にあてて書いた手紙にこう書いたことがあるとも明かした。

《あらすじ》
鎌倉でひっそりと古本店「ビブリア古書堂」を営む店主・篠川栞子(しおりこ)が、
古書に関する豊富な知識をもとに客が持ち込んだ古書をめぐる謎、秘密を解いていくストーリー。

剛力が演じる栞子は内向的で極度の人見知り。
しかし、古書についてはとたんに雄弁になるという異色キャラクターである。

制作側は「『月9=ラブ』を楽しみにしている視聴者にも楽しんでもらえる仕掛けも作りたい」
とし、ラブストーリーの要素も盛り込む方針。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000030-sanspo-ent

スポンサーリンク

「ビブリア古書堂の事件手帖」って??

作家の三上延氏(41)のミステリー小説。
昨年から今年にかけて文庫3巻が発刊され累計310万部を突破する人気シリーズ。



鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。
すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。
それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。
美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。
彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?
絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です