エマ・ワトソンは“危険”なセレブ!?

映画「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニー役を演じたことなどで知られるイギリスの女優エマ・ワトソン

今、彼女は“危険”なセレブとして名前があがっている。


LANCOME 公式ブランド チャンネルより

2012年のネットで検索するとウイルスに感染する可能性が最も高いセレブが女優のエマ・ワトソンであることが分かった。

コンピューターのセキュリティー会社マカフィーの発表によると、エマの写真や情報を載せる多くのウェブサイトが、ユーザーに危険なソフトウェアをダウンロードさせたり、個人情報を盗んでしまったりするというのだ。ユーザーはエマを検索すると8分の1の確率で危険なウェブサイトにたどり着いてしまうという。

これまでは、モデルのハイディ・クルムが6年連続で最も検索すると危険なセレブと発表されていたが…
ハイディ クルム

また、そのほかに危険性のあるセレブが多数あがっている。女優のジェシカ・ビール、エヴァ・メンデス、セレーナ・ゴメスやハル・ベリーなどである。男性セレブに比べ、女性セレブの方がよりウイルスに感染する可能性が高くなるという。男性で危険度の高いトップ20に入ったのは有名司会者のジミー・キンメルだけだったそうだ。

特にラテン系の女性セレブを検索すると感染のリスクが高いという。

ソース元:http://woman.infoseek.co.jp/news/celebrity/hollywood_11Sep2012_30585

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です